クォーツガラスコーティング

愛車のメンテナンスは水洗いだけでOK!クォーツガラスコーティング

クォーツガラスコーティングの作業の流れ

1 洗車

新車の場合はこの作業から開始します。
中古車等はボディのキズ、下地磨きから入りコーティングの乗りやすい下地作りから開始します。
洗車の後、エアブローしながら水分をよく切ります。

2 脱脂作業

スタビライザ―にてボディ表面の脱脂作業を行います。
※霧吹きにて車体に掛けます。乾燥時間が約20分位あるためフードから始まり車輛全体に掛け、乾燥する前に次の作業にかかります。

3 マスキング

マスキング作業はガラスのみ行い、特にフロントガラス部は細心の注意をはらいます。
コーティングは樹脂、メッキ部、ホイールにも施工できるためマスキングは不要です。

4 吹き付け

広いパネルは分割に塗布します。
フード半分塗布したら、もう一度同じ場所に2度目の塗布をおこない、残り半分に移ります。。

5 塗布完了

塗布後、約一時間乾燥させます。(気温、天候により乾燥時間、温度を調整します。)

6 保護剤の塗布

クォ―ツナンバー8にて水分をふくませたタオルに取り、車体表面に薄くなでるように塗ります。

7 完成

新車施工時価格

車種 価格
N-BOX、N-WGN、バモス etc 64,800円(税込)
フィット、フリード、グレイス、シャトル etc 75,600円(税込)
ベゼル、ジェイド、アコード、レジェンド etc 86,400円(税込)
ステップワゴン、オデッセイ etc 97,200円(税込)

アルミホイールにも施工可能 4本、8,640円(税込)より。

新車3ヵ月以上経ちますとボディについた鉄粉及び塗装面の磨き作業が必要になります。
下地処理費用25,000円~

Honda Cars 富士吉田 下吉田店へのお問い合わせはこちら

0555-22-2238

お問い合わせフォーム

ページの先頭へ